S.S.T. Blog

芝浦衛星チームの公式ブログです。

17年度制御大会が開催されました。

  • 投稿日:2017年06月21日
  • カテゴリー:全体活動
  • タグ:

こんにちは。代表の深石です。

はたまた前回の更新から1ヶ月も空いてしまいました…

最低でも1ヶ月毎には更新をしていきたいですね。頑張ります。

 

さて、前回の活動日(6月16日)に、1年生にとっての最初の大会である「制御大会」が開催されました。

 

大会内容としては、活動教室前の廊下に直線コースを設置し、光センサや距離センサなどを用いて機体に触れずに制御を行い、如何にゴールで正確に機体を停止させられるか、というものになっています。

開催の目的として、「1年生同士の親睦を深める」「電子工作や機体製作に触れてもらう」を掲げていましたが、2年部員の多大な協力もあり、ばっちり達成できたのではないかな、と思います。感謝感謝。

 

それでは、各班の製作機体の紹介と大会結果の発表を行っていこうと思います。

1班  軽量賞

冷ややっこをモチーフにした機体となっています。

代表的に、お豆腐(ホワイトボックス)なのに外装により機体が覆われていて、ブラックボックスになっている点がお気に入りです。

二年前も冷ややっこ機体があった気がします。血は争えない…

大会直前にモーターが焼き切れてしまい、走行は行えませんでした。

 

2班 正確賞

衛星チームということで、UFOをモチーフにした機体となっています。

光センサにより制御を行い、検知が行われると機体表面のLEDが点灯し、レスポンスを返します。通常走行時は周るようにLEDが光ります。

大会中に制御がうまく行かず、UFOのようにぐるぐると旋回を続けていたりもしました。

その後の走行で、ゴールから1.5cmのところで機体を制止させ、見事正確賞を受賞しました。

 

3班 デザイン賞

コースがスタートとゴールの往復であるため、「前後に動いてもおかしくないもの」→「カニの横歩き」ということで、カニをモチーフにした機体となっています。

目にあたる部分が光センサになっており、それにより機体制御を行います。

 

4班 総合賞 速達賞

火星探査機をモチーフにした機体となっています。外装が作りこまれており、超音波センサの二つの丸が目のようになっているところが可愛らしいですね。

どことなくファミコンロボットに似ているような…?

大会当日では見事な走りを見せ、見事総合賞を獲得しました。

見ていた部員が一斉に\おおぉー!/と声を上げるほどでした。

 

5班 チーム賞

某ゲームの、キラーをモチーフとした機体となっています。

機体後部に赤色LEDが付いており、走行中は後部が炎のように煌きます。

制御には炎センサを用いていますが、光でも制御が行えることが判明したため、光での制御を行っています。安全で良いですね。

 

6班 プレゼン賞

ジャパリバスとコロンビア号を掛け合わせた、不思議な機体となっています。

機体上面に光センサが付いており、前進・後退の制御を行っています。

ボスもちゃんと作ったそうなのですが、どこかへ行ってしまったそうです。海へ探しに行かなくては。

写真を見るとわかるように、この機体はもともとキャタピラ走行で履帯が付いていたのですが、うまく走行が行えなかったため、履帯を外し新たにタイヤを作成することでよりよい機体を作り上げることに成功しました。

 

以上、制御大会各班の紹介と結果発表でした。どの班も個性豊かで、見ていて本当に楽しかったです。

学外への大会参加はもちろんなのですが、部内の大会は雰囲気が和やかでとてもわいわいできるので、秋あたりのそこまで忙しくない時期に、もう一つ部内大会を新設しても良いかもしれませんね。前後の学外大会との兼ね合いもあるので、だいぶ厳しいのですが…

 

さてさて、これから1年生はそれぞれの所属希望を元に、第13回能代宇宙イベントに向けて製作を行っていくこととなります。頑張って参りましょう!

 

おまけ

終了後に2班と3班のキメラが生成されました。まるでヤドカリ。

割とかわいいのでずるい。