宇宙エレベーター班について

宇宙エレベーターとは簡単に言うと、実現すれば今後の宇宙開発を大いに促進させるに違いない宇宙と地上を繋ぐ乗り物のことです。

さすがに学生だけでは宇宙と地上は繋げませんので、私たちの班では主に、宇宙エレベーター協会(http://www.jsea.jp/index.html)が主催している宇宙エレベーターチェレンジという大会に出場させる、模擬宇宙エレベーター(クライマー)を制作しています。現在、達成目標として、①自立制御によるクライマーの上空1000mの昇降、そして②空撮を掲げています。

みなさんは上空1000mとはどんな世界だと思いますか?スカイツリーより高くて、約113km先まで見えることが出来ます。
だいだい、東京から箱根までの距離ですね。きっとクライマーのカメラには絶景が写っていることでしょう。
そのカメラを回収するためにも、達成目標の①の技術は大切ですので、班員1人1人が日々、切磋琢磨しています。

写真は今年大会に出場したクライマーです。